ブログトップ

Dry Fly Fishing Addict

fatkiyo.exblog.jp

Dry Fly Fishing の中毒から抜け出せなくなった男の物語

この週は、某毛ばり店・店長の60cmを超える、自称・ヤマメの何度かのお知らせに、
自分の釣りを見失ってしまってました。
と言うのも、渓流で釣れるヤマメは大体大きくても30cm~40cm・・・俺の記録は33cmです。まぁ、当然ではあるが、通常、サクラマスなんかは1年(3月~5月末)までの間に1本釣れればすごい
事のはずが、なんと彼はこの時点で3本も釣り上げている。
その都度、タイトルを「ヤマメです。」とか、「今回は小さいヤマメです。」とか。
あの、釣り人が憧れるサクラマスをヤマメと・・・?
こっちは1年通して尺ヤマメに出会うのは至難の業なのに・・・!
なぜか彼からのメールに素直に「おめでとう、良かったね、すごいね!」なんて口が裂けても
言いたくない。
そんな中の、5月中旬の出来事です。
まぁ、今回は前置きが長い長い・・・なんかあったのか?・・・それは6月末までの釣行記にて?
前回のナイス・ヤマメ(独立)で、最後のポイントで大きな魚を見つけ、今回はリベンジ!
某・毛ばり店・店長も同じ河川に来ているので、例のヤマメとやらの自慢話でも・・・?
朝・9時に到着し、入渓。
今回は、上流から釣り下り、一気に例のデカイ・奴のポイントに・・・!
#10ヘアウイング・ダンを結び、ティペットは5xでいざ1投目。

d0241509_8235639.jpg


まぁ元気、もしかして?

d0241509_8245180.jpg


やっぱり、こいつやったかな~?

d0241509_825161.jpg


いきなりひったくり、完全に向こう合わせ、ななりプールをかき回し釣れた、尾びれは見事!

でも、目的の40cmヤマメではなかった、しかし、自分が見たのはもう少し大きかったような?

いきなり決着がついてしまい、拍子抜け。
しかし、まだ何か気配ムンムンで、#10のフライが1度でボロボロになったので、交換し
ポイントを30分以上休めていると、やはり流心脇に先日見たサイズの魚が水面下でギラギラして
いたので、おもむろに1本しかないウエットフライ#8を結び、ダウンクロスで流心に打ち込むと。



d0241509_8354298.jpg


結局・・・!

d0241509_836660.jpg


やっぱり・・・!

d0241509_8364338.jpg


今年は、これか?
でも、ナイスな2匹に、なんと2投で・・・!
まぁ、やっぱり前回見たのはコイツだわ。

コイツもよ~引く・よ~引く・・・来季のサクラマスの取り込みの練習になるのか?

2匹目だったので、と言うより2投しかしてないので、取り込みに余裕がありかなり時間をかけました。
しかし、ヤマメのつもりでいたのが、虹鱒だったので気分はモヤモヤのまま、某店長に電話。
落ち合うと、この方とご一緒でした。






d0241509_8442397.jpg


渋谷さんじゃん!

d0241509_84436100.jpg


まぁ、プロはやっぱり上手かった。

某店長曰く、明日のスクールの為、渋谷さんの1年通しての唯一の釣りにガイドだそうです。

まだまだ、午前中でしたが、今回は渋谷さんの釣り+某店長にこっそりウェットの流し込み方を
見て、かなり参考になりました。
なんと、夕ご飯も一緒に食べ釣り談義に花が咲きました。
と、言うより、俺の質問攻めにやや・ウンザリ気味の渋谷さんでした、ゴメンネ!
東北の釣りでのガイドを約束し、本日は終了。

本来はスクールに出て、見て・聞いて〇万円のはずが、ごめんなさいね、某店長。


次回は、ゆっくり例のヤマメの話・・・いや、サクラマスの話を聞きますね。





[PR]
# by fatkiyo | 2016-07-09 00:01 | フライフィッシング
いよいよ、4月も後半の釣行記に・・・まだ4月かよ!
しかし、今年は例年に無く釣りに行っている気がします。
本日は、最下流部辺りを探り、10年前に入ったのを思い出しながらの釣りになりました。

朝8時に入渓し、幸先よくライズ発見・・・すでに入渓ポイントで準備中に・・・!

ハッチしている虫もわからず、とにかく小さい#20くらいの・・・

d0241509_13214490.jpg


写真が撮れる場所が無く、このような結果に、しかし、このポイントは河原が無く石も大きく
徒行がかなりきつく、本流の重い流れに何度も流されそうになりました。

その後はやはり今年の代名詞の虹鱒のオンパレード・・・今年は虹鱒がかなり釣れる!

2時間釣りあがり、虹鱒が2桁釣れたころ、またライズ発見!

その主は・・・!

d0241509_13264224.jpg


イワナでした、下流で純粋無垢なイワナに出会えると嬉しいものです。

その後も、流心の先頭には虹鱒、中間にはヤマメが!

比率は、虹鱒:ヤマメ:イワナ=7:2:1くらいでした。

いよいよ今回最高のポイントに、ここも流心の先頭で虹鱒を数本釣り、大きなプールなので、
そろそろ、もう上がろうかなと思ったら、ライズ発見。
小さなライズだったので、まずは#20のメイフライで流したら・・・無視!
もう少し小さく#24のダンで、・・・無視!
いや、待てよ、水面直下なのか?
#16のフローティングニンフで、・・・ヒット~!
d0241509_1334552.jpg

d0241509_13343933.jpg

d0241509_1336421.jpg

d0241509_13362362.jpg


やりました、今季最高のヤマメに出会いました。

今まで、虹鱒にかき回されたポイントで最後にこのヤマメ・・・またまたランディング
も雑にしてしまい、少々反省、もう少し楽しめば良かった。
今年は虹鱒を釣りすぎて、釣りが雑になっている気がする?

その後、脱渓ポイント前のプールにかなりデカイ魚が見えたが、プールの底に張り付き
ドライフライには見向きもしてくれなく、次回の出会いに向け、お辞儀をして逃げるように
その場を後にしました。

その後、午後2時から場所を変え、早々にライズ発見・・・ここは目的の
d0241509_1340327.jpg


良いヤマメでした。

ここは、毎年結果は良いポイントです。
昨年はイワナだらけでしたが、今年は!
d0241509_13423967.jpg


ヤマメ・オンパレード!

最後のプールでは、ライズに会いこのままではイブに目的の場所まで行けないと思い
ライズを後にその場所を後日の楽しみに?

そして、一路上流に。

このポイントは午後5時以降から6時半頃までが勝負!

先行者がいたが、ポイントを譲って頂き、1時間ライズ待ち・・・。

待ち焦がれて、しびれきれで、ダウンクロスにてウェット張りにテンションかけ
ようやくヒット~!

d0241509_13474359.jpg


最後も虹鱒でした・・・くっ~!



[PR]
# by fatkiyo | 2016-07-08 00:00 | フライフィッシング
今年は、何か毎年とは違う暖冬の影響で、雪代がいつもより少ない?
毎年、4月末になると本流が熱いが、今年はまだまだ上流が熱い?
今年は、例年の毛ばり店の店長は、九頭竜川のサクラマスにいっているみたいで、
なんと、1日に2本も60オーバーのサクラマスを釣り上げた挙句、俺の携帯にメールを
なんと件名は、「ヤマメが・・・」ですって!
あんな写真見せられ、大きくても30cmの魚を釣りに、いざ例の奥飛騨へ・・・?
幸先よく10時頃にライズを発見し、良いサイズのイワナを!
d0241509_2312691.jpg

しかし、なぜか気持ちが盛り上がらない?

なんでやろ?
しかも、おNEWのネットに入魂
その後もイワナ数匹、虹鱒数匹・・・比率は2対8くらい?

ようやく、待望のヤマメが・・・?
d0241509_2395155.jpg

d0241509_23103958.jpg


いいやつなんだけど?
これがヤマメのはずなんだけど?

その後も25cmクラスを数匹・・・60cm以上のヤマメ・・・ほんと邪魔なメールやわ!

最終も!
d0241509_23131950.jpg


まぁ、これが本当のヤマメです!


[PR]
# by fatkiyo | 2016-07-07 00:57 | フライフィッシング
今年も偽善行為を行ってます。
そう、田植えの時期は毎度嫁の実家にきて田植えやら、草刈やらと大忙し。
そんな中でも、時間を作り、2時間のフリータイム。
近くの本流に、ここは、先日ライズを5本は残してきたので、まだ残りの5匹を・・・?
やはり、時合いの時に行けばライズがチラホラあり、早速!
d0241509_20245750.jpg


先日より一回り大きく、まずまずのアマゴでした。

対岸のヨレでは虹鱒がかかり、何度かのジャンプを繰り返し、下流に逃げていきました。

しかし、ライズの釣りは楽しい。

その後3本の同じサイズをゲットしました。

今年もこのポイントは有効でした。
d0241509_202866.jpg


大きくなる、鮎解禁後の7月末にイブニングで会いましょう?



[PR]
# by fatkiyo | 2016-07-06 01:00 | フライフィッシング
毎度毎度のポイントに今年も4月上旬にやってきました。
今年は、暖冬のおかげで、3月の上旬に来ましたが、何も無くそろそろと思いいざ奥飛騨へ?
ここは、毎年のお気に入りの場所で、1年通して、5回は来てます。
しかし、最近は何かと先行者に会い、今回も先行者が?

現場には9時頃到着しましたが、約1時間場が収まるまで待ち、先行者が居なくなってからの
釣りスタート。

本流筋は雪代でかなり白濁してました。

本流筋はいつも虹鱒のでかいのがかかり右往左往した挙句、切られるのが恒例行事。

しかし、今年は無反応、先行者がしつこくウェット・フライを流していたので、本流筋は
諦め、分水域に・・・こちらも無反応が続き、いよいよお昼頃に。

何時もの絶好ポイントにてライズ発見!

こうなったらこっちのもん?

d0241509_8424654.jpg


しかし、メイフライを#16~24までくまなく流し、反応が無く、最終的に、#16 アントにて
勝負アリ?・・・毎回のこのくだりは少々飽きてきた?

d0241509_8452485.jpg


今年も、良いヤマメに出会えてよかったが、今年はやはり放流が無い分魚影が少ないように感じます。

その後は、数本の虹鱒と、最終にイワナをゲットしてイブはやらずに帰宅しました。

d0241509_8474275.jpg


今年は、このポイントに苦戦しそうな予感です。




[PR]
# by fatkiyo | 2016-07-05 08:48 | フライフィッシング